チャウシェスク

ニコラエ・チャウシェスク

1918年1月26日ー1989年12月25日

共産党時代のルーマニアの政治家。
ルーマニア社会主義共和国の初代
大統領(1974年~1989年)
国家評議会議長(1967年~
1989年)ルーマニア共産党
書記長(1965年~1989年)
を歴任。共産党時代のルーマニアを
象徴する独裁者として有名である。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

尼崎市長に当選した全国初の30代女性市長

 稲村和美さん(38)



兵庫県尼崎市長選に初当選し、引退する白井文市長から「女性市長」のバトンを引き継ぐ。30台の女性市長は全国はじめてだ。

 世間は若さに注目するが「意識していない」と笑顔をみせる。「これからの責任を思うと身が引き締まる」と、結果重視で姿勢に臨む。

 政治を志した原点は、神戸大3年の時に起きた阪神大震災。発生後1カ月は神戸市内の避難所に泊り込み、学生仲間と大学にボランティアセンターを立ち上げるなど、継続的に被災者支援に携わった。インフラ施設の復旧が進む一方、生活再建に向けた国の支援の遅れで取り残される被災者の姿を目の当たりにした。答辞氏や羅の声が届かない行政のあり方に、初めて行き憤りを覚えた。大学院終了後は証券会社に就職。だが政治への思いを断ち切れず、市民はを掲げる白井市長の選挙スタッフを買って出た。2003年には自ら出馬し出直し嫌疑に初当選した。

 尼崎市は道半ばの財政再建などが課題が山積。「サービスを一方的に削るだけでは元気が出ない。市民からとことん話を聞き、何が必要で、何が必要でないかを判断したい」と意気込む。町工場の優れたものづくり技術など「町の個性」にも光を当てたい考えだ。

中小企業を経営する事実婚の夫(43)と5歳になる長女の3人暮らし。息抜きは子供と一緒にディズニーのDVDを見ること。市長就任後も、朝は自転車で子供を保育所まで送り届けたいと話す。奈良市出身。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

仙谷由人くんの問責決議案を可決

菅内閣に打撃

沖縄・尖閣諸島沖の中国船衝突事件をめぐる一連の政府対応が不適切だとして自民党などは26日、参院に仙石由人官房長官、馬淵澄夫国土交通相の問責決議案を提出した。仙石くんに対する問責決議案は同日夜社民党を除く野党の賛成多数で可決した。官房長官に対する問責決議は初めて。



自衛隊を暴力装置だなんてなんてことを言ってるんでしょうね。バカとしか言いようがないね。
石原都知事じゃないけど。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

税金について


 税金について考えてみよう。
 数百兆円の借金を抱えている政府は、税金収入を増やしてこの問題を解決しようとしている。そのために政府は3年後から消費税除々に増やそうと与党は考えている。
 時期は別として、野党の大半もこのことは仕方ないと思っている。
 ところが、この方針を圧縮せずに減らす方法として税収の増加が好ましい。まさにその通りだ。
 しかし、「だから消費税」というのは間違っている。世界屈指の経済大国日本、そもそもなぜ借金が膨らんだのか?
 その原因は中曽根時代の税収改革、最大税率の大幅削減である。四半世紀前には一億総中流と言われた日本は、今欧州以上に格差社会となっている。正に最大税率を引き下げた結果である。
 例えば、昔は一億円のボーナスから手元に残るのは二千万円だった。この二十年は五千万円、つまり2.5倍である。逆に国庫に入るのは八千万円から五千万円に減った。
 皆様はもうお分かりだと思う。私の提案は、消費税を上げる代わりに累進課税の最大税率を元に戻すことである。すると格差社会の拡大に歯止めがかかると同時に収入が一千万円未満の一般人は増税を免れるだろう。一石二鳥ではないだろうか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

麻生内閣 正体見たり 世襲バッカ

 一党支配が長く続くとこうなるのは必然である。最高の知能・見識・度胸が求められる場所に馬鹿の一つ覚えの愚鈍・薄鈍レベルの2世3世が増えてく。たいした苦労もせずに権力にありつけるから、おおざっぱな勉強で済ませる。したがって、官僚の浅知恵に反論もできずにコロリと参ってしまう。だが、自分は下々とは住む世界が違うのだという意識だけは異常に強い。アメリカではこんなレベルの薄鈍が8年間も大統領をやっていて、今未曾有の危機にある、日本では1+1=2年ですんで、3年目は無しで済ませられるかというところか。

 浅生内閣の経済政策はただのばら撒き=本来の自民党方式で、単に“恵んでやるから票をくれ”というだけの話だ。日本を活性化する種を蒔いて育てようという気概がどこにも感じられない。

 小泉政権による「建武の中興」も完全に終わりを告げようとする今、自民党時代は終焉を迎えつつある。この政党の正体がここまであからさまになってきたら、“民主党は政権担当能力が無い”などというのは説得力を持たない。“民主党に一度やらせてみるか”という人が増えている。

 いずれにせよ、自民党は議席を大幅に減らし、与野党伯仲か逆転の二者択一である。麻生か小沢かの選択ではない。党首はすぐ変わる。自民党か民主党かの選択なのである。この権力闘争が落ち着くまではまだまだ何年もかかるだろう。大事なことは、その間に、薄鈍を淘汰し、官僚が国民の僕(しもべ)になるよう焼きをぶち込んでおくことであろう。真に力量のある議員がそろっている党のみが国民を幸せにできるのだ。努々(ゆめゆめ)、大連立などやって「病巣」を残すこと無かれ。

 5月4日のTVタックルでもやっていたが、枡添くんが百年安心年金などということは政府は言っていないといっているが全くのでたらめである。
大うそつきもいいところである。

 うそつきは政治家の始まりなり。

 

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

広告
【モバコレ】EMODA_MOOK じゃらんnet FOREVER 21 Japan リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 出会い系サイトPCMAX
フリーエリア
tokyo7030をフォローしましょう
フリーエリア
自動相互リンク buzzlink 自動相互リンク SEO スピード相互リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング
プロフィール

Tokyo703

Author:Tokyo703
FC2ブログへようこそ!
新世紀ブロガー
ついに始動

カウンター
リンク元ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
スポンサーサイト
人気ブログランキング
FC2カウンター
リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム