米国は強欲資本主義から脱皮できるのか「ヘッジファンドに牛耳られたオバマ政権」

 オバマ政権の中枢には強欲資本主義をこれまで実践してきた人物たちが並んでいる。今後のアメリカ経済はヘッジファンドが主導権を握る形で進むことになるだろう。前政権とは比較にならないレベルで勝ち組ヘッジファンドが「わが世の春」を謳歌することになる可能性もある。

■注目を集めたジョージ・ソロス氏のカムバック

■逆張り投資で11億ドルの利益

■冴え渡るシモンズ氏の分析

 オバマ政権の受け皿となるのはヘッジファンド業界だ

 サマーズ氏(オバマ大統領から指名を受け、ホワイトハウスの経済諮問会議の議長に就任)
 ヘッジファンドの世界にどっぷりと浸かっていた人物

 ガイトナー財務長官(就任前はニューヨーク連銀の総裁として金融危機の予防や経済の安定化に大きな責任をおうべき立場にあったはずだ。しかし、ウォールストリートの資金の流れを監視する立場にありながら、大手金融機関の連鎖的破綻や金融スキャンダルを防ぐことはまったくできなかった。)

 このサマーズ氏にせよガイトナー氏にせよ、「アメリカの金融機関を救済することがアメリカ経済の再生に欠かせない」 と口を揃えているのだが、これははたして本心だろうか。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

広告
【モバコレ】EMODA_MOOK じゃらんnet FOREVER 21 Japan リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム 出会い系サイトPCMAX
フリーエリア
tokyo7030をフォローしましょう
フリーエリア
自動相互リンク buzzlink 自動相互リンク SEO スピード相互リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ランキング
プロフィール

Tokyo703

Author:Tokyo703
FC2ブログへようこそ!
新世紀ブロガー
ついに始動

カウンター
リンク元ランキング
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
ユーザータグ

フリーエリア
スポンサーサイト
人気ブログランキング
FC2カウンター
リンク
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
検索フォーム